消費税増税前に買い替えた方が断然お得です!

『消費税が5%から8%に上がる前に買い替えた方が良いものは?』などメディアで特集が多く組まれています。
車については3月31日(月)に陸運局での登録を終えれば消費税は5%、それ以降の登録は消費税が8%必要です。

 

車の登録日とは?
車を注文してから車庫証明が降りてナンバープレートの手続きをした日が登録日です。
車庫証明は車の注文確定してから出ないとできません。
通常注文から約1ヶ月かかり、早くて2週間〜3週間程度、人気車種は2ヶ月〜3ヶ月かかることもあります。

すでにメーカーでも値上げの見通しについて発表されており、増税に伴い車の本体価格の値上がりは避けられません。

 

日産公式HP掲載の値上げ表

(※日産公式ホームページより抜粋)

自動車取得税の現状と見通し

車の購入には消費税+自動車取得税が必要です。
現在エコカーのみが免税になっていますが、増税後はガソリン車はどうなるか決まっていません。
減税になるかもしれないが免税にはならないだろうという見解もあります。

ガソリン車 エコカー
普通車5%・軽自動車3%が必要 ⇒ 減税・免税しだいで値上げ確定 すでに免税なので変わりなし ⇒ 増税分だけ値上がり確定

すでに人気者は間に合わない可能性も!

実際にHonda cars 大阪の営業マンに聞きました!

 

実際に問い合わせは多くなってきています。
連休には多くの方が店舗にいらっしゃっています。

 

人気車種は今から注文いただいても登録日が3月31日に間に合わないものも出てきています。
増税の駆け込み需要を見越して在庫を多めに抱えている車巣もあるので、早めに注文していただくか、増税前に納車が間に合う車を選ぶかですね。

 

『増税分値引きしてよ!』という方も確実に出てきますが、コチラには何のメリットもないので実際には増税分の値引きは難しいですね…


自分の好きな車種を増税前に買い替えるならできるだけ早く手続きを開始しなければいけません。

 

大幅値引きで予算を決定!いち早く希望車種を注文しましょう

車の見積もりの写真

買い替えには予算を考えなくてはいけません。
下取りがどのくらい付くかも重要です。
今の愛車はディーラーに下取りに出さず車買取専門店に出してください!

 

ディーラーではどんなに交渉しても引き出せない下取り価格が車買取業者なら何万円単位で高値が付きます。
買取業者が欲しがっている車種ならさらに高額が期待できます!

ディーラーで下取り 下取り=新車の値引きになるので高値が付かない(出せない)
販売ルートも限られている
車買取専門店で下取り 欲しい車種は高く買取自社工場で安くメンテナンスできる
店頭・オークションなど多数の販売ルートがある

おすすめ車買取業者のロゴ

ズバット車買取比較なら完全無料で一度の申し込みで自動的にお住まいの範囲で愛車を欲しがっている買取業者を紹介・見積もりが取り寄せられ、入力も簡単で必須項目も少ないので誰にでも申し込みができます。
届いた見積もりを比較して、最も高値で買取ってくれる業者に売ってください。

 

『新車が来てから売りたい』と伝えれば売るタイミングも相談でき、手続きもお任せできます。

 

高く愛車を買い取ってくれる買取業者に販売し予算を確保し希望車種をディーラーに注文する

この方法で増税前にさらに安く新車を買えます。
試して絶対損のない方法です!

消費税増税の理由と今後の変化

消費税の増税は、多くの人が関心を寄せているのではないでしょうか。
なにしろ、単純に考えても普段の買い物で支払っている金額が値上がりするわけですから、全く無関心でいられるという人はかなり少ないと思います。
ではなぜ今この時期に消費税が増税されるのか。
消費税増税の理由については、財務省の説明によると以下のようなものといえます。

 

まずひとつの要因としては、「少子高齢化」が挙げられます。
2014年に入っても少子高齢化に歯止めはかからず、日本人全体の人口も自然減少が続いているのが現状ですが、ここで問題となるのが高齢者が増えているという状況です。
高齢者が増えるかわりに現役世代が減っているため、税金などの財源確保が困難となっているわけです。
高齢者が増えればそれだけ社会保障費用も必要となるのですが、こうした財源は税収から賄われます。
しかし税収が減少すればそれだけ社会保障費用を賄うことも難しくなりますので、そこで消費税を増税して必要な財源を確保しようということになりました。
消費税を増税することで、現役世代への負担の集中を少なくすることができるうえ、これはほぼすべての人が支払う税金となりますので、安定した税収を確保できると財務省も期待しています。
以上が、消費税を増税する主な理由となります。

 

次に気になるのが、消費税増税による「今後の変化」ですが、これについては多くの専門家や評論家が持論を展開しているものの一概にどうなるかといった予想は難しいのが現状です。
もっとも、一般家庭の観点から考えると単純計算で家計の負担が上昇することは確実なため、あまり好意的に受け取られていないケースがほとんどです。
こうしたことから、消費速度にさらなる歯止めがかかるのではないかと懸念する人も少なくありません。
実際に住宅産業や自動車産業においては、増税前の「駆け込み需要」というものが相次いでおり、この需要を商機ととらえる企業もたくさんあるもののそれ以降の需要については不透明としています。


このページの先頭へ戻る